オープンウォーターコーススタート 10月2日

本日のプーケットは曇り時々雨たまに晴れ・・。よくわからない天気です。ハイシーズンの前触れではないでしょうか??

パトンビーチにあるプチリゾートの「アンダマンハウス」では、YUさんが本日からPADIオープンウォーターダイバーコースをスタートしました。

PADIとは世界一の規模を誇るダイビング団体です。ここプチホテル「アンダマンハウス」の敷地にあるダイビングショップ「アンダマンダイバーズ」もPADIのダイビングショップです。安心ですね

ホテル「アンダマンハウス」のプールでは、ライセンス取得コースが良く開催されています。Cカード取得コースなどとも呼ばれますが、もっともベーシックなダイビングライセンスオープンウォーターダイバーになるためのコースです。18m以下の水深をバディー(2人)で、安全に潜る事ができるようになるダイビング資格です。

コーススケジュールは、アンダマンダイバーズでは3日間。


1日目は、ホテル「アンダマンハウス」にて、学科講習限定水域での講習(足がつく水域)。学科は、基本は自習スタイル。プールでのスキル練習がメインです。
2日目、3日目は、ラチャヤイ島での海洋実習。プールで練習したスキルの中で重要なスキルを実際、海洋で練習をします。

本日1日目は、

まずは、面積同意書と、危険の告知書。そして、病歴書などを記入です。肺の病気や手術をしたことがある方は、お医者様に見てもらう必要があるかも知れません。ダイビングショップにあらかじめ問い合わせましょう。

学科は自習してきていただいていますので、早速、限定水域であるプールでの水中スキル練習に入りました。ゆっくり水中スキルの練習ができるので、自習がオススメ

スキルとしては、

泳力チェック、器材セッティング、プレダイブセーフティーチェック(バディーチェック、潜る前にバディ同士の器材チェック)、ディープウォーター(足がつかない水域)へのエントリーなど陸上のダイビングスキルを練習。

実際、足のつく浅場で、ゆっくりとマスククリア、エア切れ対処の練習などをします。

深場(4m前後)では、浮力コントロールの練習などをします。オープンウォーターダイバーコース認定ダイバーとして、もっとも重要なのが浮力コントロールですね。今日のお客様のYUさんも人魚のように自由自在に泳がれていました。ダイバーになった後も、中性浮力をとって、サンゴなど水中生物を傷つけない、環境に優しいダイバーになりましょう。

プールスキルは、人数や水温によりますが、休憩を挟んで、3時間前後で終了ですね。

わからないスキルや、もう一度練習してみたいスキルがあったら、担当のインストラクターに言ってください。PADIのコースでは、マスターリング(繰り返し練習してスキルをマスターする)のが基準ですので。

それでは、実際、マスククリアを練習してみましょう!簡単です。

①マスクの上部のフレームに手を添える(押さない)
②鼻から息を出しながら(口から息を出さない)、
③頭を上(水面方向)へ傾けます。

以上。

遊びながら、楽しくスキルトレーニング

でも、魚を見ながら行われる海洋実習はもっと面白いですね。別世界です。
b0117957_1941268.jpg

b0117957_19472015.jpg
b0117957_1947376.jpg
b0117957_1948217.jpg
b0117957_19481757.jpg
b0117957_19483392.jpg
b0117957_19485482.jpg


プーケット島風案内人の旅案内所

プーケット島風案内人の旅案内所



プーケット海中案内人の潜水塾

プーケット海中案内人の潜水塾
[PR]

by andamanhouse | 2007-10-02 19:50 | 本日のアンダマンハウス  

<< ナイトシフトの・・ 毎日ご飯がいっぱい >>